2018-12-06

12/06/2018admin

先日ピアニストの栗田妙子さんと話していて、所謂「pick up solo / break 」が苦手だという話になった。

こっ恥ずかしかったり、リズムの強制力が強くて息苦しかったり(フレーズでグリッド的な拍を出すことを期待される)で、要するに気持ちよく唄えない。

私の偏見によると、pick up soloは表にばーんと打って出るフロント的な性格の人が得意としている(気がする)。さあ俺が語るぜ!みたいな。自分の場合バンッとリズムセクションがブレイクした瞬間、モジモジっとなってしまいそう。ソリスト交代時に毎回pick up soloを挟むような曲だとソロ順3人目ぐらいが一番恥ずかしい。今度は僕だよ!みたいな感じ。

あそこを上手く出来るか出来ないか、あるいはそもそも格好良いと思うか思わないかがリアルジャズミュージシャンか否かの踏み絵だと勝手に思っている。


一番有名な曲




やはりこれが圧倒的




Prev Post